備蓄しておくと安心できる防災ボトル

 今回は自宅以外で災害に遭った時に役に立つ「防災ボトル」をご紹介したいと思います。

「防災ボトル(エマージェンシーボトル)」はその名の通り、ボトルの中に災害グッズを詰めたものです。

今年の4 月に警視庁警備部災害対策課の公式Twitter(@MPD_bousai)でも紹介され、透明な500mlのウォーターボトルを活用した写真が話題を集めました。

外出時に手持ちのカバンやリュックに入れておけば、いざという時の備えになります。


紹介されているのは500ml のボトルですが、普段持ち歩いているカバンが小さいという方は、もっと小さなボトルを選んでも大丈夫です。

ボトルを選んだら、次は中身を決めていきます。

人によって必要なものは違いますが、警視庁は、ホイッスル・圧縮タオル・エチケット袋・ミニライト・ビニール袋・常備薬・絆創膏・アルコール綿・羊かん・現金を例に挙げていたので参考にしてみてください。


中身が少ないと隙間ができて、中でカラカラと音が鳴ってしまうので、ボトルの中は限界まで詰めた方が良いです。

また、ウォーターボトルなので水に濡れても大丈夫ですし、中身を出してしまえばボトルに液体を入れることもできます。

是非、皆さまも自分だけの防災ボトルを作ってみてくださいね。

自分で作るのが面倒だという方は、既に中身とボトルがセットになった商品も販売されているので、そちらを検討してみてください。