排水口ぬめり対策

 キッチンの排水口は、こまめに掃除しないとすぐにヌメヌメになってしまい、臭いの原因となってしまいます。

ぬめりがついてしまうと、キッチンハイターをかけただけでは取れないので、掃除も面倒ですよね。


そこで今回は洗剤を使わずに排水口のぬめりを防ぐことで掃除の回数を劇的に減らすことのできる方法を紹介します。

用意するものはアルミホイルだけで、

そのアルミホイルを小さく丸めて1~3個くらい排水口に置きます。

実はこれだけでぬめりを抑えることができます。

これを入れておくと、アルミホイルが水に濡れると発生する金属イオンでぬめりの元となる雑菌を抑えてくれます。

さらに水の流れでアルミホイルの玉が動き、汚れを剥ぎ取ってくれるのです。

アルミホイルの玉を準備する時のポイントは、ぎゅうぎゅうに固く丸め過ぎないことです。

大きさはそんなに大きくしない方が転がって効果が得られやすいみたいですね。

小さくする時は排水口に流れていかないように、網の上やネットに入れて使用しても大丈夫ですよ。


効果は1 ヶ月くらい持続するので、2~3週間程度で取り換えてください。

また、既に付着したぬめりには効果がないので、アルミホイルを入れる時はまず掃除してから入れるようにしましょう。

あとは、三角コーナーに入れておいても効果がありますので、是非試してみてくださいね。