質の良い睡眠

健康にとって「睡眠」はとても大切な要素です。

寝不足が続くと睡眠負債という状態になります。

では何時間の睡眠が理想なのでしょうか。


一般的には7 時間前後が理想的な睡眠時間と言われていますが、年齢などでも変わってくるようです。

また、寝すぎるのも弊害があり、うつ状態になってしまう人が、多いという研究結果もでているようです。

「昨夜は 3 時間しか寝ていないので、昼寝を 4 時間しよう」と昼寝で睡眠負債をカバーするというケースも好ましくなく、睡眠は寝た合計の時間ではなく、一度に取る睡眠時間が重要だそうです。

昼寝は 40 代までが 10 分~ 15 分、50 代以降は 20 分~ 30 分が一番理想的で、 1 時間以上の昼寝はアルツハイマー型認知症の危険が増加するという怖いデータもあります。


質の良い睡眠が 7 時間前後きちんと取れるかで、健康に影響がでてくるようです。 では質の良い睡眠をとるにはどうしたらいいのでしょうか。

諸説、いろいろありますが以前テレビで紹介されていたのが「水出し緑茶」です。

お茶というとカフェインで寝られなくなるイメージがありますが、水出しすることでカフェインは減少するようです。

緑茶のうまみ成分であるテアニンが含まれていて、ストレス緩和・集中力アップ・リラックス作用・睡眠の質改善などの効果があります。

アルコールは睡眠の質が悪くなるので控えましょう。